MENU
2018年2月8日
ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSOと業務提携
- 大分県におけるドローン・IoT分野でのビジネス創造、人材育成を開始 -

株式会社オーイーシー(代表取締役社長:加藤健)は、ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:坂本義親、以下ORSO)と、大分県におけるドローン・IoT分野でのビジネス創造と、人材育成を目的に、業務提携を行うことを発表いたします。

背景

無人航空機産業の動向としては、ドローンの利活用が大きく期待され、官民協議会にて策定された「空の産業革命に向けたロードマップ」において、2018年より新たなレベルへ移行し、無人地帯での目視外飛行における実証実験や、国土交通省の新たな指針として「各自治体の条例で独自に飛行制限を行う方向性」を示す等、自治体単位での「資源活用」と「安全確保のための規制」の両輪で、ドローン利活用を進めていくことが予想されます。

目的

この業務提携により、ドローンとスマートフォン向けアプリを組み合わせたドローン操縦者向け教育アプリ「DRONE STAR©」などユーザーファーストなサービス開発を手掛けてきたORSOと、自治体の業務システム基盤を手掛けてきたオーイーシーが、大分県から発信する新たなドローン・IoTビジネスの創造と、次世代産業を支える新たなスキルを持った人材を共に育成することを目指します。
以上

株式会社ORSO

株式会社ORSOは、ユーザー体験をデザインする会社として、ゲームを始めとするスマートフォンを活用したサービスの企画開発やグラフィック制作、CMSなどの各種ソリューションの提供を行っています。2014年より新規事業の一環でドローンプロジェクトを開始し、映像撮影を通じて多くのフライト経験を積みました。そのノウハウを基礎として、DJI CAMPインストラクター技能認定とJUIDA認定スクール講師免許を取得。教育事業として、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)ドローン操縦士および安全運航管理者養成スクール第1校目となる認定スクール「ロボティクスアカデミー」にて100名を超えるドローンオペレーターを輩出しました。またドローン×アプリとして、コードを書かなくてもドローンのプログラミングが簡単にできるアプリ「DRONE STAR© プログラミング」を開発するなど、これまで培ってきたノウハウを生かし、アプリケーション開発やサービス開発を通じてドローンの利活用を進めています。

ORSO ホームページ: https://www.orso.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/ORSO.jp

本記事は、PDFでダウンロード出来ます。

【本件に関するお問合せ先】
 株式会社オーイーシー(担当:野ア)
 E-mail:drone@oec.co.jp